自分では気づきにくい口臭を自己チェックする方法まとめ

あなたは自分の口臭が臭いと感じますか?
口臭って自分では本当に気づきにくいですよね。

隣に人が来て、「この人すごく臭い!」と思っても、しばらくすると臭わない….なんていう経験はないでしょうか。
臭いというのは鼻の中の「嗅細胞」が感知するようになっているんですが、実は30秒~40秒経過すると臭いに慣れるので感じなくなってしまうんです。

自分の臭いが自分で気づければ良いのですが。自分でも気づくことができず、他人もなかなか指摘しずらい問題なんです。
そこで、今回自分の口臭をチェックする方法をまとめました。

口臭を自分でチェックする方法まとめ

コップで口臭をチェック

これは試した方も多いのではないでしょうか。
コップをきれいに洗って、乾かした後、息を吹き入れてすぐに手で蓋をします。
そして、深呼吸した後、コップの中の臭いを嗅いでください。
多少でも臭いが感じられるようなら、口臭が漂っている可能性があります。

デンタルフロスで口臭をチェック

デンタルフロスを歯と歯の間に通して、ついたカスの臭いを嗅いでみてください。
「うっ!くっさ~!」と感じることが多いはずです。
歯と歯の間に残ったカスは臭いの原因になりますので、歯磨きの後にデンタルフロスで取り除く習慣を心がけるとよいでしょう。

タオルやハンカチで歯茎を拭いて口臭をチェック

この方法も管理人は昼食後などによく行います。
歯茎を拭いたタオルやハンカチの臭いを嗅いでみてください。
少し臭っと感じたら要注意です。
ブクブクうがいしておきましょう。

口臭チェッカーで口臭をチェック

市販されている家庭向けの「口臭チェッカー」なら感覚ではなく数値で判断できます。
ただ、こちらは目安と考えた方がよいでしょう。

口臭外来を受診して口臭をチェック

心配な方は、歯科、口腔外科、口臭外来などを受診して検査を受けてみましょう。
医療機関では、「ガスクロマトグラフィー検査」、「官能的測定法」などで検査して口臭の程度や原因が判断されます。
実際に口臭がないのに、これらの検査によって口臭がなかったことがわかって、逆に安心できたということもあります。

また、口臭の原因が口の中ではないということもあり、体の中など、別の原因を調べるきっかけになったりもします。

まとめ

いかがでしたでしょうか。
重度に気になっているようであれば、医療機関で早めに検査をすることが良いでしょう。
実は口の中ではなくて、体の中にニオイの原因が潜んでいるかもしれませんので。

さわやかな息で女子力アップ!

クリスタル・ローズ

クリスタル・ローズ体験レビュー

コメントを残す